So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年08月 |2016年09月 ブログトップ

カラー(色彩)セラピー(療法)とは [思うこと]

カラーセラピー占いと混同されていることがあります。
ですが、セラピーは「療法」という意味です。

色のボトルやカードなどカラフルなグッズを使ってやりますが、
カードのように伏せた状態で選んだり、
占いする側が人の見えない部分を透視したり、
見えない未来を見て選ぶのではありません。

セラピーを受ける人が、色を見ながら選び、
その結果を、会話をしながら読み取っていくものなのです。

続きます


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

リンゴの赤 [赤について]

日本で林檎の色と言えば、まず一番に「赤」でしょう。

実際は、黄色系品種もも出回っています。

私が子どもの頃、
黄色系は「インド林檎」、赤いリンゴは「ふじ」をよく目にしました。

品種改良はどんどん進み、今ではいろいろな味のリンゴが食べられるようになりました。

ここ数年のところで、個人的に好きなリンゴがあります。

黄色では「信濃ゴールド」。
ゴールドと言われて納得するほどの美しい黄色。
シャリとして程よい柔らかさの食感。
甘いのは勿論ですが、香りがとても爽やかで良いです。

赤色では「秋映」。
濃くて艶やかな美しい赤。
しっかりした歯ごたえと、爽やかな甘味。

どなたにも、それぞれ好みの品種があるのではないでしょうか?

続きます


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

カラーセラピーに助けられたので [思うこと]

私がなぜカラーセラピーストになろうと思い、
それを仕事にしようと思ったのかというお話をしましょう。

人というのは、生まれて育つ間、
育てられる環境(親の方針、学校、社会のルール、土地柄など)に
強く影響されます。

私は、
「我慢」「努力」「従順」「勤勉」「奉仕」「寡黙」
を美徳として育てられました。
それができていないと「恐怖」が訪れました。

世間によくあるように、そこから抜け出すためだけに結婚

それ以上に過酷な夫によるモラハラDVの日々が訪れ、
長い忍従の年月をかけ、精神を病みました。

そんな中、このカラーセラピーに出会いました。

その日、「ダイスを並べてください」と先生に言われて、
とても苦労して並べたことを覚えています。
自分を完全に見失い、未来などあるわけがないと思っていたので、
並べるのが困難だったのです。
それでも、無理に選んで並べてみるのがカラーセラピー。

その日はその意味がまったくピンと来ませんでしたが、
それから日を追うごとに、選んだダイスの色が頭に浮かびました。

教わったイメージが手がかりになり、じわじわと心に沁みてきました。
色を見ることでの効果は無意識下で出ていたようで、
少しずつ、心に変化が現れました。

自分らしくあること。

その気持ちの変化をもっと味わいたい、色の効果の理由を知りたい。
そう思って、カラーセラピーを習いました。

ダイスを眺め、意味を考え、自分で並べてセラピーしてみる。

その繰り返しで、周囲の都合に合わせた自分の求められる姿ではなく、
本当の自分の姿を客観的に見出すことができました。

エンジェリンダイス カラーセラピーで
新しい生き方へと一歩を踏み出せたのです。

占いなどは雲をつかむように感じられ、
あまり好きではないほうです。
統計学に基づいて、心理学的に考えるカラーセラピーのやり方
とても自分にしっくり来ています。

現実に、自分の心が助けられたので、
皆さんにもそういう体験をしていただけると思えます。

誰もが心を前向きにして、よりよく生きていけるように。

そう願って、カラーセラピー双月を作りました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

-|2016年08月 |2016年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。