So-net無料ブログ作成
検索選択

雪の白 [白について]

日本人の多くは、雪の白をとても美しいと感じますね。

絵画写真でも、雪景色は魅力的な題材であり被写体です。
それを鑑賞する人にとっても、心惹かれるものがあります。

降り始めに、ふわふわと降ってくる雪をそっと手のひらで受け止める。
ひんやりすると同時に、軽やかで、はかなく、もろいところに心が動きます。

ガラスについた雪の粒が肉眼でもわかるほどの結晶になっている。
光を受けて輝くその姿も、やはり一瞬で消えていきます。

たくさん降る雪も、雨のように音はしません。
静かにみるみるうちに大地を白く変えていきます。
都会の汚れた道も、真っ白に変える力を持っています。

白は、清潔をイメージさせ、汚いものを消すイメージを持っています。

雪景色を美しいと感じるのは、
そういう潜在的なイメージに、さらに結晶や風景などの美観、
短時間しか美しさが持たない儚さを感じるところから来ているようですね。

ただ、たくさん降りすぎた雪は害をもたらします。

一粒は軽いのに、たくさん集まると大変な重量になります。
家がつぶれるほど、道をふさぐほどの積雪。
固まりすぎれば氷のようになり、さらに手強いものになります。
溶けてくると、大量の水と、隠していたはずの汚れも放出します。

恐れや不安や不快感をも呼び起こしてしまいます。

色の持つ裏表、相反するイメージがわかりやすいのが雪の白です。


セラピー効果

雪の白

手に負えないことが重なってしまって、整理したい時に。
自分の心の中を整理したい時に。
新しい何かを見つけたい時に。

「雪景色」の中に立ってみてください。
その清廉さと空気の冷たさで、自分の心の汚れや嫌な事を消す効果が期待できます。
雪を描いた絵画や写真を眺めて、雪をイメージしてみてください。
静かな気持ち、清潔感を取り戻せます。
そして、雪のように上空からの視線をイメージすることができれば、
部分から目を離し、物事を全体的に捉えられるようになるでしょう。
「雪の白」のよい効果を短期間で取り入れてください。
雪が積もりすぎ、氷のようになり、溶けて汚れてしまわないうちに、前へ踏み出しましょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。