So-net無料ブログ作成

リンゴの赤 [赤について]

日本で林檎の色と言えば、まず一番に「赤」でしょう。

実際は、黄色系品種もも出回っています。

私が子どもの頃、
黄色系は「インド林檎」、赤いリンゴは「ふじ」をよく目にしました。

品種改良はどんどん進み、今ではいろいろな味のリンゴが食べられるようになりました。

ここ数年のところで、個人的に好きなリンゴがあります。

黄色では「信濃ゴールド」。
ゴールドと言われて納得するほどの美しい黄色。
シャリとして程よい柔らかさの食感。
甘いのは勿論ですが、香りがとても爽やかで良いです。

赤色では「秋映」。
濃くて艶やかな美しい赤。
しっかりした歯ごたえと、爽やかな甘味。

どなたにも、それぞれ好みの品種があるのではないでしょうか?赤のイメージの中で、「リンゴの赤」から来るイメージはソフトです。
リンゴが赤いのは外の皮だけで、中が淡い黄色系の白。

この色のバランスと、香りの爽やかさ、瑞々しさ。

加えて、体に優しいイメージです。

西洋ではリンゴは赤より緑のイメージですが、
体の調子を整えるというイメージは共通なようです。
離乳食の定番です。
風邪をひいた時、お腹が痛い時などにも、リンゴは活躍します。

戦争直後にリンゴを歌った歌が流行ったのも、面白いところだと思います。
ガンガン頑張る勝つための赤のイメージででないリンゴ。
疲れていた人々に元気と勇気を与えるリンゴの赤。

リンゴの赤は、日本人が大好きな赤色だなと思います。


セラピー効果

リンゴの赤

身体の調子が崩れた時、欝々として元気のない時に。

身体を健康的に、気持ちを前向きに改善してくれるリンゴの赤です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。